エクステリアにおける防犯対策について

2022/03/22 コラム

エクステリアを検討する際に、防犯対策をしてほしいけど何をすればいいか分からないとお困りの方がいらっしゃると思います。
そこで今回の記事では、エクステリアにおける防犯対策を紹介します。

▼エクステリアにおける防犯対策
■門扉を設置する
門扉は防犯対策に効果的です。
門扉があることで、敷地の境界線をアピールすることができます。
また、不審者に家の中を覗かれにくくしてくれますよ。

■フェンスや塀を設置する
頑丈で乗り越えられない形のフェンスや塀を設置することで、防犯効果を高めることができます。
しかし、外からの視界を完全に塞ぐものは、設置しないようにしましょう。
万が一、不審者が侵入してしまった時に死角になるからです。
フェンス・塀設置の際は、見通しの良い格子やスリットなどがおすすめです。

■建物周囲に砂利を敷く
手間がかからない防犯対策として挙げられるのは、砂利を敷くことです。
砂利を敷くことにより歩く時に音が鳴るため、不審者に侵入されにくくなります。

■防犯カメラを設置する
防犯カメラを設置することで、侵入時の映像を残しておけるというメリットがあります。
またカメラがあるだけで、不審者の侵入を諦めさせるような心理的な効果もありますよ。

▼まとめ
エクステリアにおける防犯対策は以下の4つです。

・門扉の設置
・フェンスや塀の設置
・建物周囲に砂利を敷く
・防犯カメラを設置する

それでもお困りの場合は、株式会社GardenTIMEにお任せ下さい。
エクステリアを設置する上で適切な防犯対策を致しますので、是非お問い合わせ下さい。