新築外構工事のパッケージプランをご用意いたしました。

テイスト別にそれぞれを税別¥200万でまとめたお得なスタートパッケージプランです。
ご相談時にこちらでご用意してあるテイストの中からお好きなスタイルを1つだけお選びいただければ、お打ち合わせにご来店いただくご都合は立ったの1回!

内容をご確認いただき、必要項目と数量の調整を行い金額を確定いたします。
ご契約をいただけたらお好きな表札と素材の色を選ぶだけ!
 

「外構デザインにそれほどこだわってはいないんだけど、ダサいのは嫌なんだよなぁ」
「外構工事にそれほど予算を掛けられないんだけど、それなりにオシャレにはしたいのよねぇ」
「忙しくて打ち合わせの時間が作れないから、手っ取り早く決めちゃいたいんだけどなぁ」
「いざ考えだすとあれもこれも欲しくなっちゃうわ・・・お得なプランってないのかしら?」


そんな方々に打ってつけのおすすめプランです。

  • STEP.01
    ウェブサイトの「お問い合わせメールフォーム」から「パッケージ相談」にチェックを入れてお問い合わせください。
  • STEP.02
    同時に建物と土地の資料を添付してお送りいただきます。 ※敷地配置図・建物1階平面間取り図・敷地(更地)中央を道路から見た正面の写真をご用意ください。図面資料はできれば写真画像ではなくスキャンデータをご用意ください。
  • STEP.03
    こちらでパッケージプランに対応できる状態かどうかを資料から確認させていただきます。
    ※建築業者さんが作成された敷地図にて敷地情報を確認いたしますが、後日に実地で大きな差が発生した場合は工事金額が倍増になる可能性があります。
  • STEP.04
    内容確認に伴いメールやお電話で何度かやりとりをさせていただきます。
    ※図面やデザインのやり取りは行いません。
  •   
  • STEP.05
    お打ち合わせのご予約をいただいてご来店いただきます。
  • STEP.06
    お打ち合わせ時にデザインをご確認いただき、ご承諾いただければその場でご契約をさせていただきます。※認印をご用意ください。
    ※事前にお選びいただいたテイストを踏まえて、それぞれの敷地に対してベストと思われるデザインをご提案いたします
  •   
  • STEP.07
    そのまま表札やポストをお選びいただき工事の詳細を決めさせていただきます。
  • STEP.08
    ご契約金をご入金いただき着工をお待ちいただきます。
  •   
  • STEP.09
    着工のタイミングで着工金をご請求させていただきます。
  • STEP.10
    完工後にお引渡しをさせていただき完工金をご請求させていただきます。

◯内容

・駐車場2台分舗装(屋根無し)
・駐輪場舗装(屋根無し)
・化粧アプローチ(階段無し)
・ウッドデッキorタイルテラス(無いパターンもあります)
・目隠しウッドフェンス(無いパターンもあります)
・門柱・門壁(表札・ポスト・インターホン)
・センサータイマー制御の照明
・下水道の交換配置(無いパターンもあります)
・中高来と適度な低木類と地被植物の植栽+芝生
・建物周囲の防草シート+砂利敷

◯条件
税別¥200万の金額は造成されてあ整形地を想定し、建物を除く敷地面積を約90㎡(約27坪)~約110㎡(約34坪)としている施工内容になります。ご用意するプランは税別¥200万のないようとなりますが、実際はご希望される舗装の広さや建造物の高さを反映させた金額でのご契約となります。
建物の設計GLと道路との高低差は最大で約20cm程度と想定しています。それ以上の大きな高低差が発生している場合は階段増設や場内の土留造作工事が必要となる場合がありまして別途となります。
道路や隣地との境界のブロック工事・フェンス工事、及び土留工事は別途となります。カーポート屋根・サイクルボード屋根・テラス屋根の設置は別途となります。
道路間口のU字溝の蓋交換は別途となります。
既存物撤去処分・伐採抜根・大掛かりな草刈りは別途となります。
場内でフラットから隆起している分の残土処分費は別途となります。
他に土地状況に関して申告と異なる状態が発生した場合の対応費は別途となります。

基本的にデザインの変更は行いません。必要な工事項目と広さや高さを調整し、最終金額を算出いたします。
デザインの変更をご希望される場合は、仮契約後にパッケージプランからは外れて頂き、通常のフルオーダープランとしてお預かりし直しになります。
基本的に四角い敷地の一片が道路に接している造成宅地に対応するプランとなっております。
※角地や変形地、旗竿地の場合はお問い合わせください。
着工後に現地の地中配管や設備マス(雨水マス・汚水マス)の位置によってデザイン変更を現場判断で行うことがあります。

〇必要資料

①敷地配置図(敷地の形状と寸法が数字で明記されたもので、敷地内のどの位置に建物が立つのかが分かる図面です。)

②建物の1階間取り図・平面図(建物の形状と寸法が分かるもので、内部の間取りや窓の位置がわかる図面です。)

③建物の立面図(建物を東西南北の4方向から見たもので、建物の高さや窓の大きさと位置が分かる図面です。)
※図面資料はできれば写真ではなくスキャンデータ(コンビニなどでUSBに取り込めます)をご用意ください。

④敷地写真
※道路から敷地を見て正面と左右からの3方向と、更地であれば敷地中央から間口道路を見たものをご用意ください。